Benesse

産婦人科

妊活は婦人科検診から!vol.1 自分の体を知る

妊娠したいと思ったら自分の身体を知ることから!

自分の体に合った妊活アドバイスをもらおう!

「いざ妊活を!」と思っても、自分が妊娠できるかどうか、不安に感じている人は多いのでは? 子宮筋腫や子宮内膜症など、女性特有の病気を抱えている人は増えています。適切な処置をしないと、それが原因で妊娠しづらくなったり、妊娠した後に切迫早産などのリスクが高まる可能性があります。
「妊娠は子宮だけでするものではないんです」とは、対馬ルリ子女性ライフクリニックの対馬先生。これまで多くの女性の出産に立ち会ってきた経験を持つ先生は、「妊娠はその人の健康状態が最も試される」と言います。心と体が健康でなければ、10カ月の妊娠生活に耐えることができません。
基本的な健診は受けている前提で、さらに子宮や卵巣の状態もチェックして、自分が妊娠・出産に耐えられる体かどうかを調べておくのが婦人科検診です。
子宮筋腫があった場合でも、場所と大きさがわかっていれば、大きくならないうちに出産できるように妊娠の優先度を上げたり、治療で進行を遅らせることもできます。専門の医師に自分の健康状態を診てもらい、自分の体に合ったアドバイスをもらえるのが検診のいいところ。妊娠できるココロとカラダ作りのために、妊活のスタートにまずは検診を!

『妊活たまごクラブ』より抜粋 2014/03/13更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ