Benesse

データ Q&A 体験談 お金

お金と社会のハナシ vol.1

妊娠・出産の平均出費は15万~16万円

妊娠・出産にかかる費用はどれくらい?

妊娠・出産にはお金がかかるイメージがありますが、自分で払うのは総額15万~16万円というのが平均的な金額。妊婦健診では、初診と特別な検査は自己負担、基本の検診項目は自治体の助成金で支払われるのが一般的です。出産も、出産育児一時金という助成金が42万円支給されるので、妊娠確定から出産までは15万円ほどあれば乗りきることができます。

ママアンケートより
・妊婦健診で、自費でかかったお金は? 
 平均4.7万円
・入院・分娩で、自費でかかったお金は? 
 平均11.8万円
(※たまひよ読者アンケート有効回答462人を集計)

ファイナンシャル・プランナーの畠中雅子先生によると、女性向けの医療保険で、保険金が支払われる理由のトップは、帝王切開など妊娠・出産による入院や手術。妊娠や不妊治療を考えているなら、事前に医療保険に入っておくと安心だと言います。普通分娩でもお金が出る医療保険もあるので、妊活を始める前に、保険に入ることを検討してみてもいいでしょう。

『妊活たまごクラブ』より抜粋 2014/03/27更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ