Benesse

NEW インタビュー

赤星ポテ子さんの不妊治療ほぼ毎回日誌 Part1

赤星(あかほし)ポテ子さん:武蔵野美術大学卒。CMプランナー・グラフィックデザイナーを経て、フリーランスのイラストレーターに。長い不妊治療の結果、男の子を出産した体験談をまとめた『ベビ待ちバイブル』(KADOKAWA/中経出版)などの著書がある。現在、2人目妊活中。35才

決め手は受付との相性!?クリニック編

妊活をスタートさせたばかりの人にとって、不妊治療をしている方々の話を実際に聞くのは難しいもの。そこで、自らの不妊治療体験を日々記録しているイラストレーター・赤星ポテ子さんの日誌に注目してみました

Q:不妊治療のクリニックはどうやって選んだの?
A:通いやすい場所がいちばん!事前の説明会参加もおすすめ

最近は診察の日時を事前に予約できるクリニックが主流ですが、残念ながら予約はあくまで目安。実際には待ち時間が長く、ときには半日を費やしてしまうこともしばしば。クリニックによっては、診察時間が近づくと、メールや携帯電話でお知らせしてくれるところもありますので、勤務先や自宅などに近い場所が便利です。また、クリニック選びは実際に足を運んでみないとわからないことが多いもの。私は近所のクリニックの事前説明会に参加して、ガンガン質問しました(笑)。医師との相性はもちろん、受付の人の対応のよさも決め手だと思います。

Q:初診のときってどんな感じ? ドキドキ緊張しなかった?
A:病院は想像以上にドライ!覚悟を決めて行きましょう

もともと月経不順で婦人科に通院して、子宮体がん発見につながったので、ある意味、最初の検診で戸惑うことはありませんでした。ただ驚いたのは、どの病院でも想像以上にあっさりとした対応だということ(笑)。向こうはプロ目線で診ているわけですから、こちらが恥ずかしがっている暇はなさそうです。むしろ、医師がパパッと検診できるよう、下半身を露出しやすい(?)服装を心がけるといいでしょう。まったく初めての方は、緊張するかもしれませんが、妊娠するための第一歩。勇気を出して!

Q:通院している途中で病院を変えたくなったらどうしたらいい?
A:転院は個人の意志で自由です。自分に合ったクリニック選びを

当初、子宮体がんで通っていた病院から紹介を受けましたが、心配した父親が調べに調べ、あるクリニックに通うことになりました。ところが、どうしても自分に合わない。何が理由…と聞かれると、「肌に合わない」という言葉でしか表せません。不妊治療は長い期間、二人三脚で進まなければいけないので、途中で思いきって転院しました。そのときわかったのは、先生だけでなく、受付の対応も決め手だということ。受付の人の対応を見れば、クリニックの雰囲気がなんとなくですが感じ取れると思います。これは個人によって感覚が違うので、参考になれば…程度です。

『妊活たまごクラブ2016』より抜粋 2016/04/13更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ