Benesse

妊娠力 体づくり OK・NG Q&A

妊娠前にやっていいことvs悪いこと vol.3

食事編

いつも口にしているものでも、実はそれ妊娠によくないかも?!体をつくる上で、いちばん大切なのが食事。「赤ちゃんに会いたい!」と強く思うなら、今すぐにでも食生活を見直して、健康なカラダを手に入れよう!

<女性>「漢方やサプリメントは飲んでも大丈夫ですか?」 ⇒ ○
ビタミンB群の”葉酸”は妊活中に積極的にとってほしい栄養素。赤ちゃんの発育を促し、神経管閉鎖障害の発症リスクを下げる効果もあります。もし不安なら、担当医に相談してみて。

<男性>「精力をつけるためにマカを飲んでいますが、いいですか?」 ⇒ ○
マカは男性の精力剤のイメージが強いですが、妊活をしている方なら男女問わず積極的にとってほしい栄養素。男性なら精巣機能を活発にし、精子の数を増やし質もよくしてくれるので、かなりおすすめです。

<女性>「水道水や井戸水は普通に飲んでも大丈夫でしょうか?」 ⇒ ○
水道水は飲料水として水質検査が通っているものなので、安全なはず。井戸水に関しては保健所のチェックが厳しいので、許可が下りているものに限ります。とくに妊活へ影響はありません。

<男性>「昼食は短時間で済む立ち食いそばや牛丼を大食いしています。」 ⇒ △
男性視点だと、食事は腹七分目にしておいて、常に少しだけおなかがすいている状態がいいです。性的能力が高まりますよ。ただし、タンパク質などの栄養素もしっかりとること。

<女性>「妊活のために最近ダイエットを始めました。朝食は抜いていますが問題ないでしょうか?」 ⇒ ×
低血糖の時間が長いと、次の食事のカロリーを脂肪として蓄積しようとしてしまいます。また、短期間で体重が減少すると、ホルモンバランスが崩れてしまいますので注意して。

<男性>「まったく料理ができないのですが、妻が妊娠したときのことを考えて、今から料理ができるようになったほうがいいですか?」 ⇒ ○
料理はできなくても問題ありません。でも妊活中より妊娠したあと、奥さんのつわりや体調の変化などを考えれば、家事も分担しなくてはいけないので、できるに越したことはないです。

<女性>「乳製品が大好きなんですがとっても大丈夫ですか?」 ⇒ △
適度な量であれば、妊活中も妊娠中でも問題ありません。でも、中には塩分を多く含むものもあるので、妊娠と診断されたら原料をしっかりチェックするようにしてください。

【回答の先生】
■いけした女性クリニック銀座 院長 池下育子先生

1979年より「東京都立築地産院産婦人科」に勤務。92年に「いけした女性クリニック銀座」(旧池下レディースクリニック)を開業。妊活本をはじめ美容や健康の著書・監修作品を多数出版。

■はらメディカルクリニック 院長 原利夫先生
1993年に「はらメディカルクリニック」を開業。国内の個人クリニックでは2例目の体外受精成功院。また46才の妊娠などの成果を残している。専門は生殖生理学、内分泌学、精子学。

『妊活たまごクラブ』より抜粋 2016/07/06更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ