Benesse

NEW 不妊治療

不妊検査を受けよう vol.7

不妊検査の内容と流れ 女性編

女性の検査は病院の不妊外来で、複数回にわたって行われます。月経の周期に合わせて行うため、最低1カ月間は定期的に病院に通う必要が。受診のタイミングによって、どの検査からスタートするかは異なります。

不妊検査の流れ〈検査期間 1~3カ月〉

1.問診

初潮を迎えた年齢や性生活の様子、過去の妊娠・分娩経験などについて、質問に答えます。

(初回の検査時に持参するとよいもの)

◎基礎体温の記録
月経の状態を調べるうえでの参考になるため、あれば持参を。約3カ月分あればベストです。

◎ほかの病院での検査結果があれば
ほかの病院で不妊検査を受けたことがあるなら、結果を見せると参考になります。

2.基本的な検査

月経周期を「月経期」「卵胞期」「排卵期」「黄体期」の4つの時期に分けて、それぞれのタイミングに合わせた検査を数種類ずつ行っていきます。

3.原因が見つからない、詳しく調べたい場合は精密検査

卵巣や卵管、子宮の状態を内視鏡でより詳しく観察したり、染色体に異常がないかを調べたりする検査を行います。

『妊活たまごクラブ』より抜粋 2017/02/13更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ