Benesse

NEW お役立ち

妊活中のカップルに!夫婦円満の秘訣、家飲みのオススメレシピ

外で飲むのも楽しいけれど、夫婦でのんびりくつろぐには「家飲み」が一番! 「口コミ サンキュ!」の人気ナンバー1主婦ブロガー・臼井愛美さんも、夫との家飲みを大切にしているひとりです。結婚して13年になるのに、とっても仲良しな臼井さん夫妻。おいしいつまみを用意した家飲みは、夫婦円満の秘訣のようです。 妊活中でも適量のアルコールはOKにしている人は、夫婦円満につながる家飲みを楽しんではどうでしょうか? 料理上手な臼井さんに、家飲みにおすすめのおつまみレシピを聞きました。

寒い季節に身体があったまる!「砂肝とマッシュルームのアヒージョ」


砂肝とマッシュルームのアヒージョ

「最近、夫婦の会話が少ないな」と感じたら、意識的に夫を誘って、家飲みタイムをつくっている臼井さんが、まずおすすめしてくれたのが、「砂肝とマッシュルームのアヒージョ」。市販のアヒージョの素を使えば、とっても簡単です!
(作り方)
砂肝とマッシュルームを切っておく。
スキレットにオリーブオイルとアヒージョの素を入れ、熱する。
砂肝とマッシュルームを入れて、火を通す。

結婚して13年になる臼井さん夫妻。二人だけの家飲みタイムが始まるのは、3人のお子さんが寝た9時過ぎからです。お酒だけだと味気ないけれど、おいしいつまみが一品あると自然と会話が弾むそうです。

⇒ときには息をのむほどの夜景に包まれ、二人きりで大切な時をすごしませんか?レインボーブリッジビューのインターコンチネンタル東京ベイ「マンハッタン」のご予約はこちら

食卓がぱっと華やかになる「スタッフドエッグ」


スタッフドエッグ

これも超簡単だけど、お皿に並べて出すだけで、いつもの食卓が一気におしゃれなムードに! コンビニの乾き物もいいけれど、たまには見た目もかわいいつまみがあると、家飲みの気分があがります。
(作り方)
ゆで卵を半分に切り、黄身を取り出してマヨネーズと滑らかになるまで混ぜる。
絞り袋に入れて、白身に盛る。
付け合わせに、生ハムを添える。

臼井さんは、夫婦の記念日やクリスマスなど特別な日も、夫婦だけの家飲みをしています。クリスマスは子どもたちと一緒に過ごしあと、夫と二人だけで過ごす時間もつくっています。そんな特別な家飲みでは、つまみの他にキャンドルを灯すなど、テーブルコーディネートもスペシャル感を出すそうです。
「そのときばかりはメイクもして、おしゃれもします。夫婦になるとつい馴れ合っちゃうけど、ムード作りってすごく大切だと思うんです」と臼井さん。

⇒たまには外でディナーはいかが?みなとみらいのランドマークタワー最上階「スカイラウンジ シリウス」でときめきの時間を大切な人と。ご予約はこちら

ワインにもビールにも日本酒にも合う「きのこのディップ」


きのこのディップ

バケットと一緒にいただくので、小腹がすいているときにも喜ばれるおつまみです。どんなお酒にも合うので、最初の一杯はビールで、そのあとワインとか、日本酒とか、お酒をかえていく人にもおすすめ。
(作り方)
レンジで加熱したしめじ、にんにく(チューブ入りでもOK)、クリームチーズ、ハム、塩、こしょうをフードプロセッサーに入れ、攪拌する。
バケットを切って添える。

臼井さん夫妻は、家飲みだけでなく、時々二人だけでカフェ巡りをするラブラブカップル。長年夫婦をしていると、特に会話をしなくても日常はそれなりにまわっていきますが、臼井さん夫妻が結婚13年経っても仲良しなのは、夫婦の会話を大切にしているから。
臼井さん夫婦の家飲みは、ゆっくり会話ができるかけがえのない時間。その時間をより楽しく彩っているのが、手作りのおつまみなんですね。

(文・佐藤智砂)


臼井愛美さん
http://39.benesse.ne.jp/blog/usuiitsumi/
口コミサンキュ!人気No.1ブロガー。表紙への登場多数。フードコーディネーターの資格取得をめざし猛勉強中。料理、インテリア、ファッションなど、「母も女も前向きに楽しむ」姿が幅広い年代からの圧倒的な支持を受ける。3月中旬には、料理やファッション、家事を楽しむためのアイディアをまとめた著書が発売される。

2017/02/23更新

  • 妊活たまごクラブ最新号好評発売中!! Amazonからのご購入はこちらから
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずはおためし!
  • 妊活応援なび
ページの先頭へ