Benesse

NEW データ お金 不妊治療

不妊治療のお金と助成金

不妊治療を検討するときに、治療費はとても気になるもの。治療にかかる費用、見逃せない助成金について、齊藤先生に伺いました。

治療費の平均は150万円。40才以上は約372万円にも

不妊治療は、通院の回数も多くなりがち。費用はいったいどれほどかかるのでしょう。そもそも、健康保険は適用されるのでしょうか?

「健康保険は基本的に、病気と診断された症状の治療に対してのみ適用されるものです。不妊治療の場合は病気の扱いにならないことが多く、自費で治療を受けなくてはならないケースがほとんど。治療費が高額になることは、ある程度、覚悟しておく必要はあります」

健康保険が適用されるかどうかの基準は、どの病院でも同じですか?

「適用するかどうかは、各病院に判断を任せられているケースも多く見られます。受診前に確認してみるといいでしょう」

具体的に、治療にはいくらくらい費用がかかるのですか?

「一般的な目安ですが、それぞれ1回あたり、タイミング療法は数千円、人工授精は1~2万円。体外受精や顕微授精は、50万円前後に及びます」

体外受精などの生殖補助医療は長期間にわたることも。幸運にも妊娠が成立するとして、一般的にはトータルでいくらくらいかかりますか?

「体外受精により、1児が出生するためにかかる医療費は、女性が30代前半であれば約150万円といわれています。40才では平均して約372万円、妊娠成功率が低くなる45才では約3704万円に。これは年齢が高くなるほど妊娠しにくくなり、治療の回数も増えることが原因です。さらに治療費の設定は、施設の設備や施設に胚培養士が何人いるのかなどの条件によっても違ってきます」

治療費負担を軽くするシステムを賢く利用する

不妊治療の費用の負担を軽くするために、ぜひ、知っておきたい制度はなんでしょうか?

「まず、医療費控除です。年間の治療費が10万円を超えた場合に対象となり、確定申告を行えば還付金を受け取ることができます。医療費には通院時の交通費や薬代も含まれますから、領収書はきちんと取っておくようにしましょう。医療費控除については、国税庁のホームページを参考にしたり、最寄りの税務署に相談してください」

次に覚えておきたいのが、体外受精や顕微授精を受ける場合の助成制度についてです。

「体外受精や顕微授精のことを特定不妊治療と呼び、この方法以外での妊娠が極めて難しいと医師に診断された場合、助成金が支給されます。内容などは自治体により異なります」

この制度は2016年4月以降から、助成対象および回数が変更になりました。これは指定医療機関で受けた体外受精・顕微授精にかかるお金を助成する制度で、これまでと違って助成対象年齢が43才未満までとなり、助成回数や期間が変更となっています。

「年齢によって助成回数が決まるという意味でも、やはり妊娠しやすい30代までの若い時期に出産を計画してほしいと思いますね」

出産後も、育児にはお金がかかります。大切なお金、上手に使って治療をしてください。

不妊治療費の目安

医療機関により異なりますが、各治療費の一般的な目安を知っておくといいでしょう。

タイミング療法
3千~8千円 /1回
原因に排卵障害がある場合は、病気と診断され、数回に限って保険が適用されます。

人工授精
1万~2万円 /1回
保険は適用されません。排卵を誘発する方法や検査の種類によっては一部適用されるケースも。

体外受精
30万~50万円 /1回
保険は適用されません。特定不妊治療費助成制度の対象になる場合もあるので、確認しましょう。

顕微授精
35万~60万円 /1回
保険は適用されません。体外受精と同様、特定不妊治療費助成制度が受けられる場合があります。

活用したい!負担を軽くするシステム

一定の条件を満たせば、治療費をサポートしてもらえるシステムです。

医療費控除
医療費が年間10万円を超えると受けられる

不妊治療を含めた医療費が年間10万円以上になると、医療費控除を受ける対象となります。確定申告をすることで、還付金を受け取ることができます。

特定不妊治療費助成制度
体外受精・顕微授精を受けた夫婦が対象

体外受精・顕微授精以外の方法での妊娠が困難と認められた夫婦に、助成金が支給される制度。所得額や治療を受けた医療機関など、クリアすべき諸条件があります。


【監修】
齊藤英和先生
国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター不妊診療科医長。不妊治療の最前線で活躍する傍ら、高年出産に伴うリスクの啓発にも尽力。著書に『妊活バイブル』(講談社)。

『妊活たまごクラブ』より抜粋 2018/03/05更新

  • 妊活たまごクラブ最新号 詳しい内容はこちら
  • 妊活たまごクラブ最新号やたまご・ひよこクラブが月300円(税抜)で読み放題!まずは無料でおためし!
  • あかほし
ページの先頭へ